カラコン通販は品揃えが豊富で、いろいろな種類のカラコンを買うことができます。

15 2月

カラコン通販はカラコンの品揃えが大変豊富で、カラーはブラウン系やグレー系の地味な物からブルー系やピンク系の派手な物まで、たとえばこのQUNQUNというサイトでは好みのカラーのカラコンを購入することができます。

実物のカラコンはとても小さいので、どのようなカラーなのかを確認することが難しいですが、カラコン通販では鮮明な写真を使って商品画像を掲載しており、実際にカラコンを装着しているモデルの目を拡大した写真なども掲載していますので、装着した時の感じがよくわかるようになっています。

カラコン通販ではモデルや芸能人が愛用をしているカラコンを販売していたり、芸能人がプロデュースした商品なども販売をしており、モデルや芸能人が装着している物と同じ商品を購入することもできます。

カラコン通販では度なしの商品だけではなく、度ありの商品も販売をしていますので、普段はメガネをかけていたりコンタクトレンズを使っている人でも度ありのカラコンを装着してオシャレを楽しむことができます。

度ありの商品を購入する際には、コンタクトレンズを買った時に付属している視力データが必要になりますので、購入時には視力データを用意しておくことが必要です。

カラコン通販ではケアアイテムの販売も行っていますので、レンズの洗浄やすすぎ、消毒や保存を安全にすることができます。

カラコン通販では商品の発送を迅速に行っており、一定金額以上の購入で送料無料になるお得なサービスもありますので、気軽にカラコンを購入することができます。

人気のブラウンのカラコン

記念日・年中行事 □天皇誕生日(

29 12月

記念日・年中行事
□天皇誕生日( 日本、1989年 – )
 1933年の今上天皇(継宮明仁親王)の誕生日を記念する国民の祝日。
□東京タワー完成の日( 日本)
 1958年、東京都港区芝公園に東京タワーが完成し、完工式が行われた。
□テレホンカードの日( 日本)
 NTTが制定。最初のカード式公衆電話が始動した日にちなんでいる。

出来事
1493年 – ハルトマン・シェーデル(英語)のニュルンベルク年代記が発刊。
1783年 – ジョージ・ワシントンが大陸軍の最高司令官を辞任。
1806年 – ウィーンでベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が初演。
1823年 – ニューヨーク州の新聞『センティネル』に匿名の作者による『サンタクロースがきた』の詩が掲載される。
1893年 – エンゲルベルト・フンパーディンクのオペラ『ヘンゼルとグレーテル』が初演。
1913年 – 加藤高明らが立憲同志会(憲政会の前身)を結党。
1916年 – 第一次世界大戦: マグドハバの戦い
1933年 – 日本共産党査問リンチ事件。日本共産党の宮本顕治らが中央委員の小畑達夫・大泉兼蔵を特高警察のスパイとして査問。リンチにより数日のうちに小畑達夫が死亡。
1941年 – 第二次世界大戦: ウェーク島の戦いが終結。日本軍がウェーク島を占領。
1942年 – 大日本言論報国会設立。
1947年 – ベル研究所で初めてトランジスタを公開。
1948年 – 極東国際軍事裁判で死刑判決を受けたA級戦犯7名の絞首刑を執行。皇太子(今上天皇)の誕生日に処刑執行日を合わせた。
1948年 – 衆議院解散(馴れ合い解散)。
1956年 – 石橋湛山内閣が発足。組閣が遅れ石橋湛山首相が一時全閣僚を兼任。
1956年 – 競馬の第1回中山グランプリ(翌年より有馬記念に改称)を中山競馬場で開催。
1958年 – 東京タワーの完工式。正式な営業を開始。
1964年 – 営団地下鉄東西線(現東京地下鉄東西線)サイト駅~九段下駅間が開業。
1968年 – プエブロ号事件: 北朝鮮が11か月拘束していたプエブロ号の乗員82人を解放。
1975年 – 日本共産党が宗教決議を採択。
1979年 – アフガニスタン紛争: ソ連軍がアフガニスタンの首都カブールを占領。
1982年 – 電電公社が東京の渋谷駅・新宿駅・数寄屋橋公園などにカード式公衆電話第一号を設置。
1986年 – アメリカの二人乗りプロペラ飛行機「ボイジャー」が世界初の無着陸・無給油の世界一周飛行を達成。
1990年 – スロベニアでユーゴスラビアからの独立を問う住民投票。88%が独立に賛成。
1990年 – オグリキャップが有馬記念で優勝し引退。
1994年 – NECホームエレクトロニクスがPC-FXを発売。
2003年 – 名古屋ドル紙幣ばら撒き事件。
2009年 – 富山地方鉄道富山市内軌道線(富山都心線)丸の内-西町間開業と環状運転開始。

誕生日
1605年(万暦33年11月14日)- 天啓帝、第16代明皇帝(+ 1627年)
1732年 – リチャード・アークライト、発明家(+ 1792年)
1777年 – アレクサンドル1世、ロマノフ朝第10代ロシア帝国皇帝(+ 1825年)
1790年 – ジャン=フランソワ・シャンポリオン、考古学者(+ 1832年)
1799年 – カール・ブリューロフ、画家(+ 1852年)
1805年 – ジョセフ・スミス・ジュニア、末日聖徒イエス・キリスト教会設立者(+ 1844年)
1812年 – サミュエル・スマイルズ、作家(+ 1904年)
1850年 – オスカー・ストラウス、政治家(+ 1936年)
1870年 – ジョン・マリン、画家・版画家(+ 1953年)
1874年 – 和田英作、洋画家(+ 1959年)
1882年 – 江崎利一、実業家 、江崎グリコの創業者(+ 1980年)
1883年 – 安倍能成、哲学者・教育者(+ 1966年)
1888年 – 森戸辰男、社会思想家・教育者(+ 1984年)
1902年 – 外村繁、小説家(+ 1961年)
1909年 – 中里恒子、小説家(+ 1987年)
1911年 – 村上冬樹、俳優(+ 2007年)
1917年 – 浜田知明、版画家・彫刻家
1918年 – ヘルムート・シュミット、ドイツ連邦首相
1919年 – 豊嶌雅男、大相撲の力士・関脇(+ 1945年)
1923年 – アントニ・タピエス、現代美術家
1927年 – トニー・ロイ、元プロ野球選手
1929年 – チェット・ベイカー、ジャズトランペッター(+ 1988年)
1929年 – 今井敬、実業家、第9代経団連会長
1931年 – マリア・ティーポ、ピアニスト
1933年 – 今上天皇、第125代天皇
1934年 – 山本文郎、フリーアナウンサー(元TBS)
1935年 – 辻中貞年、元プロ野球選手
1939年 – 水森亜土、イラストレーター、歌手
1940年 – 太田紘一、元プロ野球選手
1941年 – 中津文彦、作家
1943年 – 丸山健二、作家
1943年 – ミハイル・グロモフ、数学者
1943年 – シルヴィア、スウェーデン王妃
1946年 – つかせのりこ、声優(+ 1989年)
1951年 – 笑福亭鶴瓶、落語家、お笑いタレント
1952年 – 前田竹千代、お笑い芸人、元(チャンバラトリオ)(+ 2008年)
1954年 – 庄野真代、歌手
1954年 – 盛田隆二、作家
1954年 – 谷口義明、天文学者
1954年 – 原田悠里、演歌歌手
1955年 – キース・カムストック、元プロ野球選手
1956年 – ミケーレ・アルボレート、F1ドライバー(+ 2001年)
1958年 – ダーク広和、奇術師
1960年 – 綾辻行人、推理作家
1960年 – 宮部みゆき、作家
1960年 – 城之内ミサ、作曲家・シンガーソングライター
1960年 – いのまたむつみ、イラストレーター・アニメーター
1962年 – トラン・アン・ユン、映画監督・脚本家
1964年 – 越和宏、スケルトン選手
1964年 – 小沢和義、俳優
1965年 – ジョージマン北、お笑いタレント
1965年 – 野村万蔵、和泉流狂言師、二世野村与十郎
1965年 – おちまさと、プロデューサー・作詞家
1967年 – 松岡英明、ロックミュージシャン
1968年 – カーラ・ブルーニ、スーパーモデル、歌手
1968年 – マヌエル・リベラ=オルティス、写真家
1970年 – 中西裕美子、声優
1970年 – NIGO、ファッションデザイナー・DJ
1970年 – ネイキッド・カウボーイ、大道芸人
1971年 – 山崎まさよし、シンガーソングライター
1971年 – 住職、ミュージシャン(FUNKIST)
1972年 – 渡辺由架、グラビアアイドル
1974年 – 柴田倫世、フリーアナウンサー(元日本テレビ)
1974年 – ミエツコ・タラーツィク (Mieszko Talarczyk)、ミュージシャン(ナザム)(+ 2004年)
1976年 – ブラッド・リッジ、メジャーリーガー
1976年 – ジルベルト・ゴドイフィリョ、バレーボール選手
1977年 – 久永辰徳、サッカー選手
1977年 – 鶴岡みゆき、映画監督
1977年 – 上野水香、バレエダンサー
1978年 – 柏原収史、俳優
1978年 – 矢田亜希子、女優、タレント
1978年 – 高橋奈苗、プロレスラー
1979年 – 村上幸史、やり投選手
1980年 – 松本幸大、プロ野球選手
1980年 – 小森孝憲、プロ野球選手
1980年 – 伊藤綾子、フリーアナウンサー(元秋田放送)
1980年 – ガリーナ・エフレメンコ、フィギュアスケート選手
1982年 – 大谷允保、タレント
1982年 – 川原麻衣、タレント
1982年 – TK、ミュージシャン(凛として時雨)
1982年 – ログザナ・ルカ、フィギュアスケート選手
1983年 – 斉藤俊雄、プロ野球選手
1983年 – ハンリー・ラミレス、メジャーリーガー
1983年 – ジェイミー・シルバースタイン、フィギュアスケート選手
1984年 – 征矢学、プロレスラー
1984年 – なちゅ、SDN48
1984年 – DEM、ミュージシャン、アーティスト
1985年 – 辻尾真二、サッカー選手、清水エスパルス
1987年 – 倉科カナ、女優、元グラビアアイドル
1987年 – 寺田ちひろ、タレント
1987年 – アレクサンドラ・ザレツキー、フィギュアスケート選手
1988年 – 樫野有香、Perfume
1988年 – 亀井絵里、元モーニング娘。
1988年 – 阿部俊人、プロ野球選手
1988年 – 山中達也、野球選手
1989年 – 佐保祐樹、元子役
1990年 – 林直次郎、平川地一丁目弟
1990年 – 芦田万莉恵、元9nine
1991年 – 石原美優、グラビアアイドル
1992年 – 高野光司、サッカー選手
1992年 – 橘ゆりか、タレント、アイドル(アイドリング!!!19号)
1995年 – 星野悠月、ファッションモデル

忌日
918年 – コンラート1世、東フランク王(* 890年)
1230年 – ベレンガリア、イングランド王リチャード1世の妃(* 1165年頃)
1307年(徳治2年11月28日)- 北条久時、鎌倉時代の武将・歌人(* 1272年)
1384年 – トマ・プレリュボヴィチ、エピロス専制侯
1539年(天文8年11月13日)- 一条房家、土佐国の国司(* 1475年)
1575年(天正3年11月21日)- 秋山信友、戦国武将(* 1527年)
1587年(天正15年11月24日)- 大宝寺義興、出羽国の戦国大名(* 1554年)
1588年 – アンリ1世、ユグノー戦争期のカトリック同盟主導者(* 1550年)
1596年(慶長元年11月4日) – 服部正成(半蔵)、戦国時代の武将(* 1542年)
1600年(慶長5年11月18日)- 小野木重勝、戦国武将(* 1563年)
1601年(慶長6年11月29日)- 分部光嘉、戦国武将(* 1552年)
1610年(慶長15年11月9日)- 島津忠長、戦国武将(* 1551年)
1619年 – ヨーハン・ジギスムント、ブランデンブルク選帝侯(* 1572年)
1681年(天和元年11月14日)- 戸田氏信、第2代大垣藩主(* 1600年)
1722年(享保7年11月16日)- 土屋政直、江戸幕府老中・土浦藩主(* 1641年)
1745年 – ヤン・ディスマス・ゼレンカ、作曲家(* 1679年)
1749年(寛延2年11月14日)- 丸山権太左衛門、大相撲第3代横綱(* 1713年)
1789年 – シャルル・ミシェル・ド・レペー、教育者(* 1712年)
1795年 – ヘンリー・クリントン、アメリカ独立戦争期のイギリス軍北アメリカ総司令官(* 1738年)
1800年 – ヨーハン・フォン・エンター、法学者(* 1764年)
1834年 – トマス・ロバート・マルサス、経済学者(* 1766年)
1859年(安政6年11月30日)- 大久保忠愨、第8代小田原藩主(* 1829年)
1869年 – ユリアン・フォンタナ、法律家・著述家・起業家、作曲家(* 1810年)
1891年 – ジョン・クレスウェル、第26代アメリカ合衆国郵政長官(* 1828年)
1895年 – ジョン・ハインド、天文学者(* 1823年)
1907年 – ピエール・ジャンサン、天文学者(* 1824年)
1915年 – アーサー・ヒューズ、画家・イラストレーター(* 1831年)
1928年 – 高畠素之、国家社会主義思想家(* 1886年)
1939年 – アントニー・フォッカー、飛行機技術者・フォッカー創業者(* 1890年)
1948年 – 広田弘毅、日本の第32代内閣総理大臣(* 1878年)
1948年 – 東條英機、日本の第40代内閣総理大臣(* 1884年)
1948年 – 松井石根、日本陸軍の大将、中支那方面軍司令官(* 1878年)
1948年 – 板垣征四郎、日本陸軍の大将、陸軍大臣(* 1885年)
1948年 – 木村兵太郎、日本陸軍の大将、ビルマ方面軍司令官(* 1888年)
1948年 – 土肥原賢二、日本陸軍の大将、奉天特務機関長(* 1883年)
1948年 – 武藤章、日本陸軍の中将、陸軍省軍務局長(* 1892年)
1952年 – エリ・ヘクシャー、経済学者(* 1879年)
1953年 – ラヴレンチー・ベリヤ、ソビエト連邦の秘密警察指導者(* 1899年)
1972年 – アンドレーイ・トゥーポレフ、飛行機技術者・ツポレフ創業者(* 1888年)
1974年 – 高木市之助、国文学者(* 1888年)
1976年 – 大宮敏充、コメディアン(* 1913年)
1982年 – 菅波茂、日本の自由民主党衆議院議員(* 1913年)
1991年 – 村川堅太郎、歴史学者(* 1907年)
1992年 – エディ・ヘイゼル、ファンクギタリスト(ファンカデリック)(* 1950年)
1993年 – 小川省吾、日本社会党衆議院議員(* 1922年)
1994年 – 大宮悌二、声優(* 1928年)
1996年 – 和田隆夫、作詞家(* 1911年)
1999年 – マルセル・ランドスキ、作曲家(* 1915年)
1999年 – ウォーリス・ディーステルマイヤー、フィギュアスケート選手(* 1926年)
2001年 – ジャック・マイヨール、フリーダイバー(* 1927年)
2001年 – 北野隆興、実業家(* 1921年)
2003年 – 巽悟朗、実業家・光世証券創業者(* 1935年)
2004年 – ナラシマ・ラオ、インドの首相(* 1921年)
2005年 – 姚文元、文化大革命期の四人組のひとり(* 1932年)
2006年 – 西塚十勝、調教師(* 1912年)
2006年 – 山﨑あつし、漫画家(* 1976年)
2007年 – 藤井道夫、プロ野球選手(* 1922年)
2007年 – オスカー・ピーターソン、ジャズピアニスト・作曲家(* 1925年)
2008年 – 早乙女貢、小説家(* 1926年)
2008年 – 林亮勝、歴史学者(* 1927年)

日記です。今年最初で最後になるかもしれ

26 12月

日記です。今年最初で最後になるかもしれない日記
去年の自分の日記を見ると書いておくと後でいいな~と思ったりしたので今年も旅行記を。

先週4泊6日で家族3人でハワイへ。
会社からいただいた褒賞旅行なんだけど、6日間いないと職場の人には多かれ少なかれ迷惑をかけてしまうので、なるたけ仕事を残さないように出発前日は脳みそまで疲れきるくらい働いた

ハワイは夜の便なので、出発当日は午後から愛犬をペットホテルを預けに行きそのまま車で成田空港へ。

子連れ海外旅行でいちばんの心配事は機内でお利口にしてくれるかどうかだ。
目新しいおもちゃを用意したり、機内でグズッた時に見せるためポータブルのDVDプレーヤーを買いに行き、帰宅後は子供の好きな番組をDVDに録画したり、準備だけは万端にしておいた。

今回はデルタ航空だったんだけど、チェックインする時に「エコノミーコンフォート」なるアップグレード席があるのを知り、ひとり80ドルと言うのでその席にしてもらった。
結果的にこれが大正解
座席の間隔が普通に比べて少し広く、リクライニングも深く、席も前方なので乗るのも降りるのも早く、搭乗の順番も早く、エコノミーは満席でもコンフォートは余裕があり周りに人が少ないということで精神的にだいぶ気楽になった。

行きの6時間30分、帰りの8時間30分とも娘は機嫌を崩すことなく持ちこたえてくれた。

ハワイに着くとすぐにママの買い物スイッチオン
結局帰る直前までそのスイッチがオフになることはなく、帰りには大きなスーツケースをもうひとつ買い、その他にもサブバッグが2つ出動することに。
おそろしき円高パワー
でも確かに円高を実感できたし、お得感たっぷりでいろいろ欲しくなっちゃうのはわかったなぁ。

きっとそういう展開になるだろうと思って、ホテルはアラモアナセンターに隣接したアラモアナホテルに宿泊。
ワイキキじゃないホテルに泊まるのは初めてだけど、やっぱりワイキキに泊まった方がハワイに来た感じがするな~っていうのが正直な感想。
いつもはレンタカーを借りてワイキキを離れて景色のいいところへ行くのが楽しみのひとつなんだけど、今年はAPECの影響で交通規制が厳しいということだったのでレンタカーで動かなかったのも心残り。

とにかく今回は買い物メインだったから、ママの買い物中父と娘はずっと仲良く遊んでたので、娘のパパっ子ぶりが一層強まったのはこれから来るだろう高額なクレジットカードの請求と引き換えの収穫かな

ABCストアで99セントで買ったレイをママが娘の髪飾りにしてたのが目立ったせいか道行く人に「Oh! She’s so cute!!」なんてよく声をかけてもらったんだけど、その時に自分のこと褒められるよりうれしいのは親心ってものなのか。

旅行中も2才2か月の娘の言葉は日に日に発達を遂げ、旅行に行く前は単語は話すものの会話はまだっていう感じだったのが、帰国した次の日、「パパとママとナナでまたひこうきにのっていこうね~」と話していたのを聞いた時には感動すると共にまた来年も褒賞旅行もらって連れて行こうと思ったわかりやすい父なのでありました。

ツーリング

11 10月

どうも、久々の日記ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

今日ゎ56design の朝ツーで出会った、まりさんとツーリングしてきましたぁ♪お互い、中野真矢さんをプリンスと呼び崇拝してぉります(笑)

9時半に道の駅きょなんで待ち合わせ↑まりさんと稔くん(まりさんのバイクの愛称だぉー)に会うのがすっごぃ楽しみでドキドキでした★きょなん到着時、すんげーかっこょかったゎぁぁぁ!!

んで、ちょっとお話して『古着買取』に直行★

ぃやーぁの坂になった駐輪場…

女性SSライダーにゎきつぃ↓朝から混んでました(^^;でも、すぐ座れたから良し(^_^)二人とも、海鮮丼を食べましたっ(^-^)vかき揚げゎ絶対無理だょ…ぉいしかったです(^o^)v

さっくまの先導にならなぃ先導で(笑)まりさんほんとに許して(´;ω;`)長狭街道~鴨有~久留里~姉崎袖ヶ浦から高速に乗って56design へ♪今日ゎお店の三周年記念で『ライディングスポーツ』って雑誌の公開取材のイベントがあったんです(//∇//)編集長と中野さんのぶっちゃけトークみたぃな感じで超ぉもしろかったです(*≧∀≦*)内容ゎMoto GP (^-^)

そして、今日ゎお店の三周年記念とともに中野さんのバースデー(o^-^o)お客さん全員でバースデーソング歌ったょ♪てか、中野さん何歳になったんだろ(´・ω・`)?(笑)

ケーキとコーヒーごちそうになって、バンダナ買って帰ってきました★帰りゎお客さんがたくさん外にぃてバイク乗るの緊張したー(´;ω;`)

ぁと、横みたらぃつのまにライディングスポーツの編集長さんと中野さんがぃてびびった(笑)編集長さん私と出目太郎をみて少しびっくりしてた…

数々のレース取材をしている方に『かっこいいですね(^_^)』って笑顔で言われてまぢ調子乗ったょね(笑)

私、出目太郎大好きョ!!最高の相棒ネ↑(銀魂の神楽ちゃん風に)と高速をぶっ飛ばしながら思いました(笑)出目タンに乗ってからゎほんとに、多くのR 1乗りのライダーさんと出会うこともできたし、今日みたぃに車種ゎ違えど女性のライダーさんとも走ることができたです♪彼にゎほんとに感謝(o^-^o)もーすぐ、納車して一年★

ドレスアップのプレゼントでもしてやろーかと思います(笑)レバーをアントライオンさんに♪ちょぃカスタム計画中!!来年ゎアクラポヴィッチさん、再来年ゎオーリンズさんの計画で(笑)

ぅーん、お金のかかる子だゎ(//∇//)

前輪ブレーキが片効きだった

05 10月

…旦那の車に乗せてorz

先週朝16km乗った時に、どーしても気になるところが出てきて、かといって、はじめての所にいきなり往復40km行って帰ってくる自信もなかったので…

<調整ポイント>

1)前輪ブレーキが片効きだった

→ホイールのはめ方が傾いてたので、取り付け方を指導された。

2)後輪ブレーキが外れないからホイールも外せない

→ブレーキワイヤーがきつ過ぎたので、少し伸ばした

3)前スプロケットが1→3→2の順番じゃないとギアチェンジができない

→シフトレバーのクセなので、もっと押し込むこと。そしたら1→2が可能。

4)後スプロケットがたまにチェーン落ちする

→ディレイラーの位置調整

5)後輪取り外し指導

全部で30分くらいかな?これだけしてもらって500円。びっくりだ。

いやー、いじってもらってる間に喋ったね。いっちょまえに語ったね。

サワヤカなケンコバのような店長も私がそこそこフレームやら素材やらを理解してるから喜んで相手してくれたね。めっさ楽しかった。

「マウンテンバイクでフルカーボンなんて、ちょっと無茶じゃないですか?」

って聞いた時から喜ばれだしたと思う。

その、フルカーボンのMTBのお値段は\1,000,000超だってさ。

誰が乗るんだよ、誰が買うんだよ、と思ってたら、凄腕(脚?)のオーナーが既にいてカスタムを頼まれたんだってさ。うへぇ。

バイクカスタムエブリデイ

バイク好きの単車改造日記